ヒトリゴトページ。

主に創作の話とゲームの感想、プレイ記録。更新は不定期ですが、大まかに言うと午後更新率が高めです。

好きなものを、好きなように、好きなだけ。「好き」が伝われば幸いです。

ツクールフェス作品紹介(3)

第三回。三回目にしてようやく本格RPGの紹介なのですが、今回はちょっと問題があります。後ほど詳しく。

こちらから第一回第二回に飛べます。

偉そうに色々と書いていますが、載せてるのはその作品を気に入った証拠なのでご理解いただければ幸いですm(_ _)m

いつも通り、書き方は[作品名/作者名(敬称略)/作者ID]。

 

[Famous in Story/あき/?????]

DL自体はかなり前にしていたのですが、評価しようと改めて検索したら出てきませんでした。同名のユーザーさんはいましたが、同じ人かは判別できないのでIDも不明という状態です。

最後までクリアした後に再検索して評価&作者IDをメモ→紹介記事作成という流れでやっているので、DLした時点では作者情報等のメモを取ってないんですよね。非公開にしてしまったのでしょうか…

作品が見つからない以上、紹介したところで意味がない気もするのですが、結構楽しめたものなので書くだけ書いておこうと思います。自己満足で申し訳ありません。

 

・ED到達時のプレイ時間は8時間半ほどでしたが、あれこれ寄り道してたので実際はもっと短めの時間でクリアできるのでは。

ミニゲーム的な寄り道要素がいくつかあって、ある程度やっておくと進行がかなり楽になります。というかむしろ、その内の1つは多分やらないと厳しい。

・ダンジョンは総じてただの迷路かつ長いので、けっこう骨が折れます。敵も強かったり大量に出てきたりで、時々大変。『ととモノ。』っぽい難易度な印象です。

市販以外の方法で手に入る特別性能装備で全キャラを固めればヌルゲーと化しますが、それら全てを縛ると今度はマゾゲー化することでしょう。市販の装備だと「HP満タン&守備力upの補助&防御コマンド選択」でも、唯一の蘇生技持ちが通常攻撃ワンパンされるんだもの(´ーωー`)主人公以外がだいたい一撃で死ぬというねー

蘇生アイテム各種99個買い込んでラスボスに勝ったので、もはや財力の勝利でした。

・タイトルにも現れているように、物語は王道です。わかりやすく、いい感じに厨二。そしてたまーに描写が少しエグいかも?

結局どうなったorどうしたのかよくわからない話も多少ありました