ヒトリゴトページ。

主に創作の話とゲームの感想、プレイ記録。テイルズオブ多め。更新は不定期です。

「好きなものを、好きなように、好きなだけ」をモットーに書いていく、創作とゲームの話がメインのブログです。

創作休止中。再開するときはここで告知します。

テイルズオブリバース感想:アニー加入まで

ようやくPSP版リバース始めます! D2、Eと同様に、感想だけ箇条書きで書き綴る既プレイ向けのまとめです

PSPのSDカード容量が僅かに足りなかったので、PS3で購入しておいたものをvitaに落としました。PSP規格のソフトではスクショ機能が使えないようで、残念。

前の2つは大まかな話の流れをプレイ前から把握してたけど、Rは部分部分のシーンでしか知らないので楽しみ。マオやヒルダの出生、アニーの父など、パーティキャラが関係する話そのものはだいたいわかってます。あとカンガルー。

戦闘は期待7割、不安3割。D2とGの戦闘システムを気に入っている人はRも気に入る傾向があるっぽいけど、ざっと説明書見た限りだと難しそうに感じます。やってみなきゃわからんのだが!

 

2/12:ワルトゥ初登場まで

・開始直後からいきなり大惨事とは。つーかこの頃のIGアニメ本当に綺麗だよね。

・そしていきなり一年後に飛ぶのか。この空白の一年はその内回想に出てくるのかな

・えぇ!? チュートリアル初戦闘からパーティキャラ相手なの!? もれなく味方全員と戦うことになるとは聞いてたけどさ!

・ちゃんと制限時間出てるのか。普通に勝てたけど、展開はどっちでも同じだろうな

・何か凄くドット細かいね、戦闘画面も通常マップも歩行グラフィックも。びっくりした。

・プロローグ第二部、って感じな展開。省かれた1年前の物語が第一部。ストーリー的にはその1年の様子をちゃんと知りたいけど、ほぼ一切戦わないからRPGとしては描けないのかな

・クレアの年齢はどういう扱いになるんだろう

・魔物データを記録してるのはマオ、というのが文章に表れててとても良いね。これは読むのが楽しそう。

・敵が強くて勝てない時のヒントがバトルブックに用意されてるってことは、やはりそれなりの難易度だと思っていいんですね?

ストーリー楽しみたい&システムに慣れたいからいつも通り難易度はノーマルですよ。でも少なくともイージーには下げないよ

・家の物調べられる場所が多くて嬉しい。最近のゲームってそういうところカットされてばかりだよなあ…

・セーブイラストのヴェイグが何か幼い印象

・最初は説明的台詞が多いな。まあ仕方ないか。しかし予備知識ゼロだとどう思うんだこれ

・顔の向きまでちゃんと変わってて、本当に細かいドットだ(2回目)

・もう幹部クラス登場しちゃうんか。

・はい、負けイベですねわかります。術技習得して初の戦闘が負けイベとはまた斬新な。

・サレ出てきてからトーマの口挟む場所がなくなった。そもそもこの仕事自体、全部サレ1人で良かったんじゃないかな

・漫画版TOL1巻ラストと展開が被る。子供の頃から家族同然に育ったヒロインがさらわれ、彼女の救出で頭いっぱいになるところはヴェイグとセネル一緒だよね

ガジュマしか持たなかったフォルスと、水の民しか持たなかった爪術も共通点?フォルス発現の理由は明確、爪術の方は推測しかできない、みたいな違いはあるけど

・テキスト同じなのにサレの笑い声だけ長いw

・ベネット家が人格者揃いすぎて眩しいです。

・アップルグミは存在しないって聞いてたけど、売ってたな。PSPで追加されたとか?

・橋の上、男2女1の高笑い。漆黒の翼ですねわかります。お馴染み。

・まさかの1対3。でもAIアホなので圧勝できるようになってるという。画面左上のガイドでまで「この機会に戦闘のおさらい」なんて言われてるしw

・おや?もうワルトゥフラグ? ポンポン出てくるのな

・旅人の小屋ってそういえばX以降無くなったような。Vにも無かったけど。

・実際はまだまだ序盤も序盤だけど、話の中身だけ見ると中盤でも違和感ない気がする。軽さが無い!状況が状況なんだけども!

・謎の小イベ。調べようとしたら止められたから、何となく使う気はしていた。

・ユージーンとワルトゥのやりとりが、ローエンとウィンガルに近い気がする。中の人的にはナハティガルだけど。発売時期的には本来逆だけど。

・通常攻撃3連→絶氷刃しかまだできないけど、操作感自体は良好です。D2の系譜がひしひしと伝わる。RGがD2で言うところのSPに相当するのか? Eのノリで特攻してるとすぐ真っ赤になるから、D2での感覚を思い出しつつ。

・術技ボタンにニュートラルは無いんだね。フォルスキューブに割り当てる為こうなったのかな

 

2/13:エトレー橋〜アニー加入

・橋が多いな。OPでミルハウストと戦ってるのも橋の上だし。種族の断絶と共存の暗喩?深読みしすぎ?

・こんなすぐに再登場とは思わなかったよ漆黒の翼改め漆黒の牙。

・虫歯ワロタw

・ユージーンの年長者としての引率ポジション凄くしっくりきてる。

・最初のダンジョンが雪山のRPGってなかなか無いと思うのだが

・回想ヴェイグの声の違いっぷりに驚愕。笑顔なんだろうなあ。この頃の彼が戻ってくることはあるのか。

・1年前のスールズもそうなんだけど、ユージーンが軍の中でどんな暮らしをしてきたのかも見たい。完全に主人公交代しちゃうけど。

今のところ、ヴェイグとクレアは王宮のごたごたに巻き込まれただけだよね。

・唯一知る冒頭アニメーションの陛下があまりに人相悪いから、ユージーンには悪いけどプレイヤーとしてはちょっと信用できないです

・月のフォルスって氷や炎に比べると抽象的だから、いまいちイメージが掴めない。

・拾い食いでレシピが増えるとは驚きだ。

・滑る道→落下の恐れ?→全然違いましたw

・唐突なボスよ。毎度思うけどどこから降ってくるんだよー

・最初の街に着くまでが長いなあ。ここまでだと、「はるばるスールズから」にも説得力がある。

・オート料理をテイルズで初めてセットしてみた(TOGエレスポット除く)。献立固定じゃなくて、任意の状況で献立を自動的に選んでくれるのは便利。料理を決めるときの優先順位まで設定できるのが特にありがたいです。

・どこにでも雨雪を降らせ、体温を奪い、道に迷わせる…これだけ聞くと妖怪染みた話だ。軍事利用もできそう

・雨雲を取っ払うレベルの炎とか割とヤバいと思うんですけど

・ちゃんと傭兵を雇う辺り賢い。

・ユージーン&アニーだと今度はリーガル&プレセア風味。態度が会長によく似ている。気がする。

・ガシュマの子供…医者の助手…あっ(察し)

・もうちょっと状況説明してやっていいと思うけど、ユージーンも微妙に冷静ではなくなってるかな。王の盾のことは隠す必要ないと思うし

・港へ向かう前に町探索。酒場の配膳ゲーム、他とちょっと違うね。称号補正目当てでとりあえず今いる分はクリア。

パーティトップの変更方法にまだ慣れず、その場でくるくるー

・この店はバーテンダー自ら給仕するのかよ。人手不足にも程があるぞ!

・バーテンの言い訳パターンが無駄に豊富である。なんでこんなに沢山用意したw

・行方不明の女の子って何だろう?

・自由称号の人は毎回こんなんだという決まりでもあるのでしょうかw もうBGMの変化と口振りですぐわかったわw こんな役員は嫌だw

・戦歴が称号に関係ないとは、これまた珍しい。グミを食べまくっても良いってこれ絶対グミ嫌いのこと言ってるよねw グレードもプラスしか無いし、幾分かは優しく進化してるっぽい

・つくづく性格バランスのいい男3人パーティだと思う。

・これは明らかにとぼけてますね。からの叱咤。

TOVカドスの喉笛でシュヴァーン隊にも似たようなことがあったけど、軍人の威厳的なものは語気だけで伝わるものなのだろうか。優れた上官を表すテンプレートの一種?

・3人それぞれでちゃんと兵士の会話内容が変わった。試してみて良かった。今後も期待できそうだ

メニュー開く手間が無いのも地味にいいね。まだくるくる回ってしまうけど

・船を強奪って、どっかの喰魔と同じ発想だなヴェイグさん

トミッチ…「富」ってことですかそうですか。喋り方から何まで胡散臭さ全振り。

・密航の方が何か起こっても開き直れるし、そっちを選択。一周目は1000ガルドも惜しいってのもあるけど。まあどっち選んでも基本の流れは同じでしょ

・密航→見つかってvs兵士、トミッチ→船がボロでvs魔物、程度の分岐かと予想してた。出港すらしなかったか

・コワイ顔w 他に特徴聞いてるのに何故いの一番にそれで指したw

・キュリア先生まじ常識人。言ってることだいたい全部正論です。

・クレアの怪我って、誰かを庇おうとしたとかそんなんかと思ったけど庇う相手が特にいないか。警護不行き届き辺りが妥当?

話の都合と言ってしまえばそこまで

・ミーシャも訳有りだったかー。

・そういやそうだ、マオもフォルス暴走で家族と何かあって別れた可能性があるかもって思ってるんだった。炎だからな、嫌な想像もできてしまうか。

「牙」でどうしてバイラスを操れることになるんだろう。音のフォルスと内容が似てる。

・ミーシャ本人と戦闘にならなくて済んだのは良かったわ

・年齢は出てきてないけど、明らかにミーシャの方がアニーより幼いはずだよね? それなのに対応が落ち着いてて大人…堪えるんじゃないかなあ。終盤のサブイベで構わないから補完されてほしい

・現時点でもマオと話してる分には普通の女の子なんだよなあ。

・既にマオのムードメイクが大変そうなのでティトレイ早よ