ヒトリゴトページ。

主に創作の話とゲームの感想、プレイ記録。テイルズオブ多め。更新は不定期です。

「好きなものを、好きなように、好きなだけ」をモットーに書いていく、創作とゲームの話がメインのブログです。

創作休止中。再開するときはここで告知します。

第二部(2)

※イベントシーンのスクショ&TOGfとTOX2等の色々なネタバレを含みます

原作ネタバレ無しでレイズのストーリーの話するなんてそもそも無理だよね。手遅れの警告かもしれませんが一応。

 

 

リリース1000日おめでとうございます!グレイセスアニバパーティもおめでとうございます!!しかしその辺の話をまとめて上げるのはもうちょっと後になります!  とりあえず、大盤振る舞いの大盤振る舞いに感謝しきれません

ミラ参戦の本編更新は、精霊装周回や他イベントを優先した余りのAPで合間合間に進めていきます。本格的にガシャるのもエターニアが先。メインシナリオは逃げない

最初の部分だけは進めて読みました。"彼女"の一切前触れなかった登場と書き下ろし立ち絵で「ほわーー?!」となったことだけ伝えておきます。

出て欲しいとは前から思ってたし言ってたけども!分史ミラにウキウキしてるところで急に来られると!心の準備できてなくてストーリーどころじゃなくなってしまうのですよ!!

でも本当にありがとうございます!!モーゼス並に参戦待ってるよ!!

 

 

 

 

本文は二部をクリアした辺りまでの感想です。一旦テンションは落ち着きます

さすがに第一部より厳しい戦闘がいくつかあったね。以下は終章ローゲ戦&リヒター戦の惨状です

f:id:Yuki-19:20191121112242p:image
f:id:Yuki-19:20191121112236p:image

ローゲという名のバルバトスは足が遅いことだけが救い…。ソフィでくるくるかわしまくって逃げ回ってスカラーガンナー撃ち込んで、超ギリギリの勝利でしたよwハラハラしたw

そういえばバンナムフェス記念クエストでダークかめにんと戦うときも、スカラーガンナーでちまちま射撃バトルでした。もう別ゲーになってた

そしてこれはナーザ戦

f:id:Yuki-19:20191121112313p:image

①ダオス自操作②周りみんな前衛③自分の体力あまり減ってない④ダオスレーザー、という点から戦法はお察しください

単体ボス相手の時、ダオスもいいけどユージーンもかなり有効だね。錬・鋼体装で強引に相手の鋼体ひっぺがして畳み掛けられる。このパーティでは回復が追いつかず撃沈してしまいましたが、後はダオスレーザーで削りきれました。第一部終章マーク戦のHARDもユージーンの力を借りたよ。春香さん&ユージーン&秘技持ち術士&前衛のパーティが今のところかなり安定して戦えてます

 

f:id:Yuki-19:20191121112356p:image
f:id:Yuki-19:20191121112402p:image

とにかくこの笑顔が見れただけで、本当に良かったー

途中のイベントも復刻以外殆ど見ずにメインシナリオだけ読んでたから、展開が重いの何の。メルクリアとナーザやバルド、シドニーとガロウズのことを思うと喜んでばかりもいられなくて複雑な気持ちなんだけど、ただコーキスとミリーナにとってはこれが最良の結果だから素直に喜んでもいたい。私もイクスが帰ってきたこと自体は嬉しい。

カレイドスコープで粒子に分解された後も意識はある、痛みを感じ続けている…っていうのが衝撃でした。作中でも言われたけど、酷い地獄じゃないか。メルクリアを止める、デミトリアスを止める、も大事だけど、この問題は絶対に何とかしなきゃいけないなと思いました。具体的にどうすれば解決するのかわからないけど。助けてビクエ。

f:id:Yuki-19:20191121112435p:image

シナリオ確認してて、ここの言い回しがちょっと気になったのだけど「死を放て」って死の砂嵐に何か関わってる…?

 

ラムダ回はとてもグレイセスオマージュで素敵でした。で、これを読んだら、オーバーレイという形で系譜編ネタがリチャード辺りに来るんじゃないかと思ったわけなんですよ。11月の予告にグレイセスのグの字も出てこなかったし…

考えてみればけっこうとんでもないタイミングのラムダ&リチャードが具現化されてるってことだったので、2人の精神ケアは必須なのでは。融合かなり進んだ段階の時じゃんね。そして、前も言ったことあるけど、系譜編でソフィとリチャードが再会した時のスキット「仲直り」がとてもとても好きなのであれに相当するやり取りがあってほしいなとも思う。プロトス1とラムダとして敵意を向けたこと、攻撃してしまったこと、ソフィもリチャードも互いにずっと気にしてたんですよ…優しい2人…

 

エバラスは第三部を少し読んでから見ました。ヴィクトル回を見終わった辺りだっただろうか。気合いの入りようがスゲェ! ふっつうに数クールアニメの終盤、最初からクライマックス

第三部の最初でヴィクトルと分史ミラの会話がありましたが、それだけでえらく切なかったですよ。ヴィクトル、それはすなわち分史ルドガー…そりゃミラのことも知ってるし失ってもいるんだよな…。本編シナリオ&加入以降、この2人の間はどうなるんだろう?

ドガーと分史ミラの関係、カップリングともそうじゃないともどちらとも取れる程度の淡いものだと私は思っていて、ヴィクトルからミラへ向けた感情がまさにそんな感じだったのでとても期待しています。近い認識の例はヴェイグ&アニーやユーリ&エステルやミクリオ&エドナ等だろうか。TOX内で考えられる男女CPは他も概ね一緒。あくまで自己解釈なんですが。この辺りは、がっっつり恋愛としてくっつける必要がないイメージの方が強いんです。旅の仲間以上恋人未満というか…説明が難しいな…

あと個人的にはセネシャリも。ここはまたちょっと事情が複雑なのでルドミラと同率には語れないけれども。シャーリィがはっきりと恋心持ってますし。

要は、男女関の親愛もあるんだから恋愛を上塗りしなくてもよくない?という思いがちょっとある。クレミン&チェスアー前提のミント&チェスターとか、アスシェリ&ヒュパス前提のシェリア&ヒューバートとかが一緒にいるのも何気に好きなんですよ。ルドミラもその類で、間にエルがいる前提で好きなところがあるのです。でもカプ的なやり取りも好きです。その上手い塩梅が公式ではたしてどうなるのか