ヒトリゴトページ。

主に創作の話とゲームの感想、プレイ記録。テイルズオブ多め。更新は不定期です。

「好きなものを、好きなように、好きなだけ」をモットーに書いていく、創作とゲームの話がメインのブログです。

●2021.3[創作小説公開場所:concerto]にて創作小説の投稿再開してます。

だいぶ追いついたクレストリア

※イベントシーンのスクショがあります

 

最初の方だけ近況のようなことを話していますが、後はメインストーリーの感想のみです。ユナ加入から、現時点での最終更新分こと7章まで。

色々まとめて話してるので割と長くなりました。でも外伝は1歩も進んでないのでありません。そして例のごとく、話題はストーリー順ではなくあべこべです。「これは良かった」も「うーん……?」も両方の感想があるよ。

 

前回の話をした後、海賊騒動アイゼン戦は割とすぐに突破できました。高レベルにしたキャラを適当に突っ込んだパーティで終わらせた。操作は常にオートで、強化クエストVERYHARDのLv3を突破できるくらいのステータスになったらシナリオクリアにもう支障はないかな?

本編の更新に追いつき、ストーリーを読むだけならボス戦でつまずくこともなくなってきたので、シナリオ更新待ちの間はHARDとVERYHARDを勝てるところまで突き進んで石を貯める期間になります。時間があれば&気が向けば外伝ストーリーも読んでいくけど基本的にはザレイズや他ゲームが優先。向こうでやることが少なくなったらこっちに流れる、みたいなスタンスになりそうです。精霊装かマルチかカーニバルかシナリオ更新がある日は確実にザレイズの方に生息してます( 'ω')スマホは1つなのでソシャゲ同時プレイは無理じゃ

貯めた石は、特別な推しキャラ実装かSSR確定以外では使わないつもり。いつになるだろう。とりあえず実現性ありそうなところを言うとセネルかノーマの季節衣装かなー。クロエが来てもいいね、ナタリアとガイのイベントで顔出してるし。レジェンディアばっかりじゃないか。まだ外伝ストーリーは読めてない物も多いですが、シナリオでの登場を確認済み&SR以上が未登場の推しだとあとはリアラくらいです。

そんなこと言ってたら来たです

f:id:Yuki-19:20210416173548p:image

引けましたーやったー!

既存全部いっしょくたにぶち込まれていく闇鍋ガシャなので、今までにもピックアップされてるキャラが出た試しはほぼないですけども。ソフィ狙いで2万弱の石を溶かした結果ゼロスが2回来た時くらいかw 一応ゼロスもピックアップ対象ではあったからね。基本的にはあまり期待せずに、SR強化できれば儲けものくらいの気持ちでいこう

f:id:Yuki-19:20210409100039p:image

奇術師の方も引いてるんだー。なんだかゼロスに好かれている

f:id:Yuki-19:20210409100055p:image

石集めの旅に出るので、気分転換で着せ替えを少しだけ。頭アタッチメントを付けるとデフォルトで被ってるフードや帽子は外すんですね。これはなかなか格好よくできた気がしてお気に入り

f:id:Yuki-19:20210412203526p:image

せっかくだからと秘奥義のスクショ撮ってたら、リーゼマクシアとエレンピオスで見覚えのあるモブキャラを観客席に発見した。やっぱり使い回しじゃないか。NPCグラフィック使い回しはまあ別にいいですけどw

 

f:id:Yuki-19:20210409001654j:image

本文を始める前のワンクッション代わりにちょろっと現状のパーティ紹介、風属性編。まったりユーザーによるひたすら適当編成ですけども。サブストーンは特に適当で、ほとんど何も考えてない。現在の手持ちの中でも最良の組み合わせではないんだろうなとは思ってるけど、めんどくさくて。

風パは意図せずしてゼロスハーレムになってます、良かったねw

 

 

 

 

 

 

 

 

・ユナ章

今までの"罪"の中で、彼女の行動&ブラッドシン発動までの過程がダントツ好きです。なので必然的にユナも好きになりました。

ここもやっぱりSNSでの炎上がモデルになってるな、ということは感じつつも、信じる思いのまま堂々と言葉を発するユナがかっこよかったです。でも後悔に苛まれてしまうのも普通の人間らしくてまた良し。お色気担当のセクシー系女性キャラはいい女だという法則通り。歴代で言うと私はプレザが特に好きです

ペネロペ絶対に死ぬと思ってましたわ。死ななかったってことは後々再登場の機会がありそうですね。彼女の父親の話もまだ気になっている。マーズの研究施設の資料からその名前が見つかったっていうのが不穏、実験過程で淡々と命を落としてるならそれでいいのだけど(良くはない)

 

f:id:Yuki-19:20210409001728p:image

正式にシナリオ上で加入した後、これまでもずっと一緒に編成してたカノンノとの掛け合いが初めて発生したのでやっぱりシナリオ進めないと掛け合い出ないようになってるんだね。細かい!

ユナが身につけてたビジョンオーブの有無の話を前にしましたけど、舌に刻まれた刻印も口が動いてる時にちゃんと見えますね。そこまで手が込んでるのは本当に凄い。っていうかもしかして、このために立ち絵の口パク起用したんですか?

 

・ユナ章の後のスキット一部

f:id:Yuki-19:20210409001749p:image
f:id:Yuki-19:20210409001753p:image

鍛錬大好きガール達とミゼラは意外と噛み合うのかもしれない。あくまでも後で沢山食べることを前提とした運動なので、クロエとの会話が特に気になる

 

f:id:Yuki-19:20210409001809p:image

何のコラ画像かとw

f:id:Yuki-19:20210409001823p:image

そしてこのドヤ顔である。なぜいけると思った。なぜ騙された。

加えて、別のスキットをいくつか見て思ったのですがイージスって割とデリカシー無し男? そういう悪意なき余計な一言を言うのはカナタ1人で間に合っているんですがw ヴィシャスには期待するだけ無駄なので()頼みの綱はもうオウレンしかいない。娘を持つ父親として女性陣へのフォロー役に…なるんだろうかあの人は…( ̄ω ̄;)

 

f:id:Yuki-19:20210409001905p:image
f:id:Yuki-19:20210409001856p:image
f:id:Yuki-19:20210409001901p:image

これはさすがに予想外。というかユナの言う「ウソとわかるウソ」からはちょっとズレてる気がするのだけど。

 

・ソニア章

いや展開そのものは別に悪くないんだけど妹だって受け入れるの早すぎない?!出会ったばかりのポッと出キャラの上に色々と情報も足りてないし、普通もうちょっと疑問や戸惑いや葛藤がありませんか?! そんなすんなり納得いくのかと、カナタ達の物分かりが良すぎて私は少し置いてけぼりにされた。

外見の全体的な色合いや特徴的な髪の影色がほぼ一致してたので(&章の冒頭で話してた父と船旅の思い出が引っかかってたので)出会った時点で若干の察しはついていたけど、それとこれとは別の感情。ソニアがカナタのことを初めて知ったのは転映の時なのだろうか、それまで知らなかったのなら何故コーディは互いの存在を教えなかった、母親はどうした、等々触れてすらくれない不明点が多く、すっきりしないまま山場に行かれてしまったので盛り上がりにいまいち乗り切れませんでした。ストーリー上でのソニアの役割や意味は理解できますが、もう少し助走が欲しかった。

f:id:Yuki-19:20210409002011p:image

そのまんまネット社会のモラルに当てはまる話だなあ。画面の向こうで書き込みをしているのはあなたと同じ生身の人間なんやで、せやから思いやりの心持たなあかんで、っていうネットリテラシーの授業があった記憶

 

f:id:Yuki-19:20210409002037p:image
f:id:Yuki-19:20210409002034p:image

カナタがどんな風に道を踏み外しかけているのか、というのに私が気付いたのはこのスキットまで来たところでした。これはつまり俺は悪くねぇ状態だ。ちゃんとした表現で言えば責任転嫁、責任逃れの都合いい理由にビジョンオーブシステムを使ってしまってる。

f:id:Yuki-19:20210409002137p:image

そうだよね。ここにカナタが自分で気付いてくれたのは良かった、安心した。罪の意識から逃げたくなるのも自然な気持ちだと思いますし(この心の揺らぎの件でブラッドシンにも影響が出たりしてたら面白かったな)。転映された内容自体はほぼ捏造で冤罪同然のイージス、間違ったことは本当に何もしていないユナ、と自分とは少し訳の異なる咎我人たちを見てしまったせいでもあるかも。

そんな折にソニアに会えたのは、幸運だったと私は思いました。まあ部外者第三者だからこその俯瞰視点じゃないとこんなことは言えませんが。ある意味ではご都合展開と感じたよ、自分の過ちに気付き罪の意識を再確認するいいきっかけだよ。結構早いタイミングで来てくれたのも運が良かったと思うな

f:id:Yuki-19:20210409002325p:image

「正しい」って一体なんだろうね、という話もいつか出てくるでしょうか。私はミゼラのこのシーン結構好きですけど、ふわっっっとした釈然としない心配も残ったままだよ。正しくあることが絶対に良いことだとは限らないんです、ってどこかでしっぺ返し食らう展開も見てみたい。私は無情か?

そんなわけで、相変わらずカナタとミゼラへ私が向けている感情は「まあ頑張れ!」のままです。全肯定はできないけど全部間違ってるとも思わないし、とりあえずは見守りたいという気持ち継続中。

f:id:Yuki-19:20210409002054p:image

人を殺してしまった事実は変えられないけど、セネルから見たカナタの姿も確かな事実だよ。白と黒、0と100で割り切れない事柄が増えてきて、そのバランス感覚がなかなか面白いです。しかしこれはどう着地するのかによってガラリと最終評価が変わってしまう題材ですよ、だからこそ最後まで見届けたいんだよ。

1つ前の章の話になるけど、ペネロペの演劇へ賞賛を送るのも100%悪いことではなかったと思います。パフォーマンス自体に目を向けず手放しに称えてたのは彼女の言う通り酷い侮辱だけども、病を押して舞台に立った彼女の気概を称えるのは別に間違ったことではないんじゃないかなと。極端に悲劇を演出してたので結局あれはよろしくないんだけどさ。ユナ章の一件はドキュメンタリー番組系メディアによる悪い脚色の例を抽出した感じだった

 

ところで「戦闘中に刻印が見えた」って話が出てたけど、イージスの刻印は見えるものなんですか? 左胸だよね、位置的にちょっと無理がないですか。ユナの舌も見て刻印だと気付くのはかなり難しくないですか。一応秘奥義出せば演出としては光ってますけども。見せびらかしてるような格好のヴィシャスは論外として…w

 

・双子

f:id:Yuki-19:20210409002349p:image

本当に楽しかった、と言ってるところが少し気に留まって。イージス章での登場時点で明らかに何か企んでる敵ということはわかってたので、目的を明かす前までの咎我人一行への接し方も「白々しい!!」と私はひたすら警戒して見てました。でももしかして全部、懐柔も騙し討ちも狙ってない素の態度だったの?

感情の割り切り方や命への執着心の無さから、ナチュラルに狂気なやばいやつらしさを感じます。筋の通ったサイコ野郎は割と好きだよ(´ω`)お近付きになるのは御免こうむりたいけどw でもこれ以上の深みが出てくることはあるのかなこの2人。

f:id:Yuki-19:20210409002416p:image

整った顔に生まれてて良かったですね…w

 

f:id:Yuki-19:20210409002427p:image

誰かを消してもらったっぽい? 人間の悪事を晒し上げること・その裁きを願うこと以外にビジョンオーブの使い道はあるのか?ネコ動画上げたりとかw

ソニアにとってのコーディ=ミゼラにとってのカナタ=フォルテ&アシッドにとってのキャスク、と連続で重ねてきてますね。ただここが重なると、「敵もしくは害だった何者かから双子はビジョンオーブによって救われた」と仮定する場合、コーディはなんで転映を免れてたのかっていうのが本当に謎になります。もしコーディが執行者に裁かれていたら、ミゼラは双子と同じ立場になっていたのではないか?と。

ミゼラやナッシュと同じ目に遭っている孤児は他にも複数人いただろうに、ビジョンオーブで撮って転映するチャンスが皆無っていうのもおかしな話じゃない? プロローグでカナタが刺しにかかった時も「まず記録するという発想になぜ至らないんだ…」って思ったわけですが。物語の整合性に違和感覚えることがちょっと多い

 

・キャスク

マーズとキャスクの口調が特に、独特なイントネーションでのキャラ付けが濃いなって思います。どういう演技指示になってるんだろうかと少し興味がある

f:id:Yuki-19:20210409002501p:image

いてもおかしくないものだと思うけど、いないんですか。前回も同じこと言ってるけど世界の歴史が知りたい。TOPやTOAほどの厳密な数は出さなくていい、百とか千とかざっくりアバウトでいいから年数が知りたい。歴史が浅いのなら前例が無いのも頷けるので、何か説得力が欲しい

f:id:Yuki-19:20210409002518p:image

人間の罪を裁くのが神の仕事→めんどい→じゃあ人間に人間を裁いてもらえば神いらなくね?ってことかなーという予想になりました。匿名掲示板の管理人のようなイメージもある…w 仮に「スレ建て乙〜」とか言ってても違和感なくないですか?

でもビジョンオーブを創ったのがキャスクなら、世界にケシンの呪いをかけた者が先にいるはずで。それは何者?キャスクよりも上位の存在がいそう?

f:id:Yuki-19:20210409002557p:image
f:id:Yuki-19:20210409002552p:image

地上の人を裁くこととケシンを浄化することが神に与えられている役目なんじゃないのかなーと思うのだけど、もしこの通りだとしたら、罪からケシンが生まれるという世界の仕組みまでキャスクの仕業だとは考えにくいですよね。まだ何かあるよね。というか、仲間が出揃ってもいないのに何の謎も残ってなかったら困るよw

f:id:Yuki-19:20210409002623p:image
f:id:Yuki-19:20210409002618p:image

世界か人間を丸ごと滅ぼすとか考えてそう。「美しい世界」には多分人間いらないどころか邪魔だしなあ。そうすると彼女曰くこの世の宝だというイケメンもいなくなってしまうけどね(´_ゝ`)導き出される答えは、感情の無い顔だけイケメンか…

 

・ヴィシャス

鬼モードお試し使用の逆負けイベも、倍速オートなので開幕秘奥義で終了しろくに見てないよ! 戦闘のテンポもっさりすぎるんだものクレストリア君

f:id:Yuki-19:20210409100530j:image

その後の戦歴画面。これは草生える。いつまでこのままかなw

 

自分に死ねと言った奴らを嘲笑うために生きる、的なことを言ってたけど、虚しい生き方じゃないかと感じました。これは褒め言葉のつもりなんだけど、敵やボスキャラの動機っぽいです。せめて自分自身の為に生きるのだといつかは言ってほしいね。仲間の為とか言うキャラではないと思うから。結果的にそうなるのだとしても。

ケシンと何か関連のある力?と少し感じたけど、ベルベットが同行してた時のことを考えると違うか。プロフィールの「外見年齢」という記述がまあ怪しさ満点だとずっと思ってますが、ビジョンオーブの創られた年がここで関わってきたりはする?別にそんなことない?

この言葉が付いてるキャラは大概、実年齢の桁数が3桁以上か1桁以下かのどっちかですよね。そのどちらかによって話がかなり変わるぞヴィシャスにいやん。後者の可能性を私はちょっと思ったよ。根拠も確証も何も無いけどね(´ω`)

彼の回想に出てきたカナタの台詞が、咎我人として意志を定めて罪を喰らう姿よりも前の「一緒に行っていいですか」だったのが少し意外でして。境遇が境遇なので一言で済ませられることじゃないかもしれませんが、根っこは結構寂しがり屋なのかなって感じた

 

f:id:Yuki-19:20210409002641p:image

歌で言葉を覚えたっていうとこまでは少なくとも嘘じゃなさそうな…? 吟遊詩人っていうとTODのジョニーしか出てきませんが、まあ歴代キャラがこのポジションだとは思えないな。死んだというのは半分本当だけどもう半分の大事なことを隠しているかも、制御不能の咎我鬼の力で殺してしまったんだろうか、って思いました。ただの想像です。存在くらいは気に留めておきましょう

 

アイビス

f:id:Yuki-19:20210409002758p:image

全然覚えてなかったのでおさらいありがとう。

女性だったとは。しかも若々しい。失礼を承知でお尋ねしますが年齢おいくつですか…?

加えて、めちゃくちゃ悪役っぽいビジュアルをしていますが本当に信じて大丈夫です? 主人公たちが咎我人ご一行様だから、清廉潔白そうなザ・聖人が手を貸してくる方が敵っぽいけどw 彼女が仲間として加入する可能性ももしかしたらあるんですかね? 男4女2のパーティの予定ですし女性1人増えるのはアリでは。

しかし、なぜその場に居合わせたのか不明な通りすがりの新キャラに窮地を助けられる展開は怪しいよねえ。だいたい何らかの思惑があるもの。そうじゃなければ作者が何も考えてないだけになってしまう。

 

f:id:Yuki-19:20210409002815p:image

しょーもない話が今回の感想の最後です。アブラミの高地と読んでしまいました。脂身…

 

※4/21追記:

そういえばアイビスさん、ビジョンオーブ身につけてないように見えるな。罪の国作っておいて、持ってる方がかえっておかしいのかもしれませんが。咎我人になる前と後でカナタ達の立ち絵のビジョンオーブの有無が変わる、という風になっているので、こっちも何か意味や理由がありそうですよね