ヒトリゴトページ。

主に創作の話とゲームの感想、プレイ記録。テイルズオブ多め。更新は不定期です。

「好きなものを、好きなように、好きなだけ」をモットーに書いていく、創作とゲームの話がメインのブログです。

●2021.3[創作小説公開場所:concerto]にて創作小説の投稿再開してます。

アレクサンドラep1

簡潔に言えばとっても面白かったですよ!戦闘も、伏線まみれと感じたシナリオも!

何より、状況にぴったりマッチした勇ましい椎名曲が最高だった。曲が嵌りすぎていて、各チャプター中ほとんど中断することなく一気に進めました。初めてのこと。

f:id:Yuki-19:20211211002544j:image

そういえばここもちょっとした好きな要素。未読かどうかだけではなく、不具合の解決も一目でわかるのはありがたいね

 

 

 

 

 

f:id:Yuki-19:20211204080651j:image

ツインブレイヴ始まったんだが?!と困惑w ツインではなく最初は1人だったけど!途中から3人だったけど! 砦内に攻め入ってからの絵面はますますツイブレだったわ( ̄▽ ̄)

おもむろに表示されたKO数表記と、これまでのエピソード2つと比べ物にならないエネミーの群れに面食らったよ。一騎当千を表現する方法として、ゲームジャンルが変わる程にここまでやったのは凄いw なんという爽快さでしょうか

一突きで家も大砲も粉砕してしまうの強すぎる、拠点に奇襲かけるの楽しかった。移動距離が超長くて速くてカメラも追いついてない。彼女を操作した後にレオの突き技を使うとかなりしょぼく見えてしまう。2人の立場と経験の差を考えれば比べちゃいけないところではあるけれどもw

この無双ゲー仕様はここだけ? それとも今後別のエピソードでも始まる機会がある? ファルクやヴァネッサでもしてみたいなーとぼんやり思います。まだ操作はしたことのない2人ですが、キャラ設定や立ち位置的に。

他のエピソードで操作していたキャラクター(今回はアウグスト)が別キャラのエピソードでCPUとして仲間に加わってくるのもここが初体験、なぜだかちょっと不思議な感じがします。別に大して特別なことでもないはずなんだけど。

回避ステップ誤爆や連続入力判定はもうほとんどしなくなったような。少なくとも私は、出したい時だけきちんと出せるようになったよ。レオ以降2人目の前衛操作ですが、だいぶやりやすくなってました

 

 

f:id:Yuki-19:20211204080705j:image

これはフラグでないことを祈りたい

後の話でアウグストが皇帝に即位した後、1回暗殺未遂が起こってるみたいなんだけど首謀者は誰なんだろうなと思ってて。単純に考えれば対立している連邦側の人なんですが、帝国側の誰かという線も拭えず。具体的な根拠は特にないけれども私の中で何となく、本当に何となく、アレクサンドラとガスパルが容疑者に上がっているんです。アウグストep1の段階から多少感じてました。親しげにおしゃべりして行動を共にしつつも、復讐絡みの肝心な場面や決定的なシーンは見せないで隠しているようだったのが理由と言えなくはないか(ガスパルはまあ、どの立場から見ても怪しいおじさんなのでw)。

それでもアレクサンドラには最後までずっとアウグストの味方で居続けてほしかったんですけど、今回のエピソードのラストを考えると早々に雲行きが怪しくなったな…。そんでこの言い方だと、もしやバスチアンとも対立する可能性があるかもしれないの? 彼の性格や目的、信念はまださっぱり読めてないので、そっちの想像は難しいです。

 

アウグストとアレクサンドラの間柄はその出会いやきっかけこそ不明なままではありますが、前回より少しは理解深まったと思う。思想の違いは生まれと境遇の差の表れでもあるかな。

アレクサンドラの正義は彼の正義を殺すのだろうし、逆もまた然り。互いに友人としてはよくても仕事の同僚や任務の仲間としては相容れない関係っぽい、見てる方も胃がキリキリする人間関係の形だよ…

「戦力であり大切な友人の貴女を守りたいので最後の戦線からは退いてほしい」と言ってたのも全部嘘ではないけど、本音は「私の作戦に貴女は反対し邪魔するだろうから帰ってください」でしょう。物は言いよう、優しい言葉でごまかしてたように感じましたよ。アウグストの方が昔と変わってしまって、本来優しいのも事実なんじゃないかなー、とは思うけども。でも本当に今も友だと思ってる? 友人だと思ってる人に向けて、隷属なんて言葉使いますか?

気のせいか勘違いかもしれないですが、このエピソード中の雑魚敵兵士たちはHPが残り僅かまで減ると動きが鈍くなったり遠くへ逃げようとしたり物陰でうずくまったりしていたような気がします。多分。確証はないです。私はそれをゲームだからとはいえ片っ端から仕留めていってしまったので、アウグスト寄りの思考してますね…w

現皇帝への復讐がアウグストの大きな目的で、その先にあるもう1段上の目的の為に成り上がろうとしているように見えますが、それと連邦軍の殲滅には何か繋がりがあるんだろうか? 故郷の崩壊(というより妻子の死)に連邦が無関係ということもないので、そっちにも恨みがあるのか? そこに源獣も関わる?

 

f:id:Yuki-19:20211204080727j:image

先生と呼ばれていた頃って何だ、林檎農家以外にも何かあるのか、ていうかその生徒って幼い頃のリュシアンでは?

そう思った傍からご本人登場するわちょうどアウグストだけは顔を合わせていないわ、早くもほぼ役満だと思いますけど。私はもう確信してるレベルだよ。敵の作戦の回りくどさがアウグストっぽいと言われているのも、先生として教えていた内容によっては伏線ということになるぞ。個人年表見ると、結婚する前は士官学校に通ってましたよね…。中退となっていたしその理由も明らかになってないけど、ともあれ平和に林檎農家してた頃にも軍事に関する一定の知識は持ってたはずなんですよね…

f:id:Yuki-19:20211204080739j:image
f:id:Yuki-19:20211204080737j:image

(偶然瞬きの瞬間が撮れた。本当にモデルが綺麗)

ラプラスもアウグストとは結構旧知の仲? アレクサンドラには心当たりなさそうだったけどラプラスは気付くことがあったのも何でだろう?

3人の他愛ない掛け合い・雑談自体はある意味息が合ってて仲良さげで好きなんですけど、それぞれの思惑が絡むとそうも言っていられなさそう。確かな絆と同じ志で結ばれた…とは言い難いね。半端に友好関係ある方がかえって後々の傷は深くなりそうで不安ですよ。アウグストは闇が深いしアレクサンドラは善性が強すぎるし、見た目も名前も悪魔みたいなラプラスが実はちょうどいい中間にいてバランス取ってる気がする

帝国中枢部のエピソードがこんなに楽しそうだとは思ってなかったですよ。でも次は連邦の騎士学校へ戻っていって、セリア編をやります。レオ編後に同時開放されたエピソードはそれで全部だ。そこから先の順番はもう忘れてしまったので個人的に興味のあるところから手を伸ばします。今のところはファルクかマッキ先輩のどっちかの予定です