ヒトリゴトページ。

主に創作の話とゲームの感想、プレイ記録。テイルズオブ多め。更新は不定期です。

「好きなものを、好きなように、好きなだけ」をモットーに書いていく、創作とゲームの話がメインのブログです。

創作休止中。再開するときはここで告知します。

ビズログ読んだ

f:id:Yuki-19:20190721131748j:plain

グッズ欲しさとインタビュー読みたさで雑誌買いました。3月に予約注文してた物もいろいろ届いております。

一時は動きのなかったシリーズなのに、やり始めて半年でここまでの圧になるって凄いな。ほんといい時期に始めましたわ

 

 

新キャラに興味持てなかったらどうしようか、勿体ないよな、と思ってましたが現時点での印象は悪くない感じ。はばチャも見たよ

彼にサーフィンを勧めた商店街の会長の方が気になって仕方ないんですけど、もしかして総一郎さんじゃないですか!?佐伯総一郎さんじゃないんですか!? 喫茶店経営を瑛に任せて転身してる姿がありありと想像つくんですが!別に違っててもいいが!

サーファーなんて言われるとどうしても佐伯家を連想してしまうのだけど、わかっててサーフィン選びましたよね?他のスポーツでも良かったところですよね? 注目すべきは姓の方なのかもしれないが私はまずサーファー要素に関心が行きテンション上がったわ…。

 

祝・サブタイトル&ロゴ決定!

例のごとく何らかの形で題名とシステムorシナリオが絡んでくると信じて、ひとまずheartで辞書を引いたよ

その結果→[英]heart①心臓②心,情,情愛③勇気,熱意④中心部,核心

引っ掛かりを感じたのは③かなあ(続きもののバトルストーリーやミステリーだったら④で大いに身構えるところですが)。

現時点で発表されてる6人だけでも、それぞれ何かしらに対する熱意を持ってるように見えるので。ただ、氷室君はこれから本気で熱意持てる物を探していく風に見えたが。

それと、「勇気」も気になった要素。今回のメインキャラである風真君は、本家2の光のように初めから主人公に友好的な幼なじみだそうで。何なら既に好きなくらいで。なのに高校3年間を終えるまで告白はしてこない、その理由が勇気にあるのかなーと。勇気は夢を叶える魔法だよ

しかし、これまでの登場人物にも強い熱意を持っている人はいたし攻略√を通じて勇気を得ていくような人もいたはずなので、キャラクター面では私の思い過ごしかも。しかも「4」要素がまるで皆無である

つまりここはゲームシステム!デート時に条件を満たすと、勇気を出して思い切った行動に出ることができるアタックチャンス的なモード登場だ!4回成功すると何かが起こるぞ!

 

 

ふざけて言ってます。妄想は所詮ただの妄想、公式の発表を気長に待機し受け入れるタイプなので大人しく待ってますよ

まあ素直に字面のまま受け取るなら「4つの心」、要するに喜怒哀楽で、システムとしては主人公の内部パラメーターか男の子たちの新たなゲージになるでしょうか。後者がそれらしいかな?

デート時の選択肢や会話イベントの中身によって、いずれかの感情が上下する感じ。態度はツンツンだけど喜びゲージ上がってる!とか、この反応って怒りじゃなくて悲しみなんだ…とか、何してても楽しいのか君は!とか、よし試しに怒りゲージ最大まで溜めてみよう、とか色々見れそうな想像をしました。

悪印象になるような感情も、一定値に達すると対応イベント発生したり。悲しみイベントはちょっとシリアスになる良いものが作れそうです。かといって、激怒EDなんてものがあったら嫌ですけどw バッドエンドすぎるw

 

攻略対象の情報は、個人的にはもう十分。それより女友達を早く知りたいです。まず出てくるかどうかすら不安なので確定情報が欲しい。可愛い子おいでー!

同じくらいハード情報も重要であり不安ですが。PS4オンリーだったらその時はその時、仕方ない

あくまでもゲームシステムを気に入ってるのが第一にあるので、そっち方面の情報が気になるけどそれはもっと開発が進んで定まってからかね。※画面は開発中のものです、の注釈付いてていいですから

メールは廃止だろうか。ライン的なのはあるはずだけど。月始めの情報収集も、デスクトップPCからスマホタブレットに変わるかな。本家1から20年近くの時間が経ってるわけですし、1つ前のGS3発売からもだいぶ間が空いてるし、そうした設定部分のブラッシュアップは期待しております。最初は雑誌だったからなあ

本家3のPCの仕様けっこう好きなんだけど、あんな感じでNanaのインスタありそうでは。「センスいいサイトだと思って見てたら管理人が七ツ森君だった!」のパターンかもしれん。本家4のメルマガスタイルも面白いけど。映画やイベントホールのパロディネタも地味に楽しみです

爆弾はぬるくなりそうな気がしている(´-`)致し方無し…GS2の爆弾処理班業務、私は割と楽しいんだけどねw

でもそもそも、爆弾システムは本家のをそのまま男に持ってきた結果女々しさ天元突破になってるとは思うw 違う表現になるならいいんだろうけどなー

 

 

ネガティブな余談につき、以下白文字反転。ときメモの話ではないです

[乙女ゲームの絵と雰囲気やっぱり苦手ー!無理ー!流し見が限界ー!

他のゲームのページほとんど読んでいません。読めない。初めから読まないつもりで買いましたけども。テイフェス等で存じ上げている声優のインタビューだけ拾い読み

紙面の男比率がつらすぎる、そんなに集まってるのに男臭くなくどこもかしこもキラッキラしてるのが直視できぬ。いっそむさ苦しくあれ

GSのメンツに慣れることができたのは、多分このキラキラが薄いからだな…多少はあるけど一般作品男子とそんなに変わらないもんな…]

エグゼ無印見終わり

ゴスペル編以降の感想です。それ以前の感想はこっち。

yuki-19.hatenablog.com

 

ラスボスはコートの人か、と思ったらフォルテか、と思ったら結局ワイリーかよ、と思ったら兵器の大暴れを止めるだけで大本叩かずに終わった

「……えっ、これで完結??」が最大の感想です。ラスボス戦ものっすごくあっさり片付けられたな? あんなシリアス一辺倒なラストバトル?の直後に、エピローグもなく唐突にしょーもない日常回入ってくるとか気持ち追い付かないわw

劇場版に続く!的な感じだったんですかね。テレビ放送分しか見てないから映画のことはよくわからない。フォルテと直接対決せずに終わるとは…。フォルテはブルースに代わる強敵で、裏ボスポジションだったように記憶してたんだけど勘違いだったかな

バグスタイルを見たとき、「ノイズだ!ノイズチェンジだ!」と流星のロックマン3並の感想でいたので、これでいずれはバグも使いこなしてガンガン活躍していくのだとばかり思ってました。そんなことはなかった。でもゲームならそうなりそうだよね?無い?

ゴスペルに食われたナビもバグスタイルも、大した理由なく元通りに治ってますけど大丈夫なん?そこフォロー一切無し?

完全にデリートされたと思ったエレキマンも後日のギャグ回で普通に出たし。お前無事だったんかーい!じゃあファイアマン犠牲にならなくても良かったのではー!

ブルースと炎山の再会パートすら無いとは。ブルースがやられるとなかなかの絶望感があります。ところでブルースにも究極プログラムが使われてるって情報今までにありましたっけ、ファラオマンの時にそんな話したんでしたっけ

バグ集合体の方のゴスペル、なんか似たような敵をエグゼの中で見たことある気がするんだけど気のせいだろうか。ゲームの4か5か6かにグレイガって出てこなかったっけ、たてがみ部分があれに似てない?

 

 

ホイップもといプライド姫がかなり漠然とした記憶になっております。多分覚えてるお姫様と同じだと思うんだけど(ふわふわ金髪&ごついナビのオペレーター、似たような姫キャラが2人もいると思えない)、まりこ先生くらいの大人の女性だったと思ってたな

サーチマンのオペレーターと彼女の関係が好きだったような気がします。多分。サーチマンの方はいつ出てくるのかわからないけど、姫は出てきたので待ってればいつか確かめられそうですね

次シリーズに当たるアクセスも最初だけ見ましたが、この合体変身間違いなく覚えてますわ。サーチマンスタイルっぽいロックマンの形態もOPに出てたのでそろそろ見れそう。

3DCGが急にクオリティアップしたね。無印ではちょいちょい推されてたサイバーアイドルのアキちゃん、私はさっぱり記憶になかったのだがアクセス以後の綺麗になったCGでも出てくるのかな。あと有線接続だったのが無線になった。でも赤外線通信っぽいのでまだ時代の差がありますw

OP・EDは無印の方が鮮明に覚えてたけど、内容はアクセス以降の方が覚えてそうです。まあ話はだいたい忘れてるでしょうが、絵面だけでも見覚えあるカットが出てきたりしないかな

テイルズオブグレイセスに愛を

※アニバーサリーパーティー公式より引用※

 テイルズ オブ グレイセス」の数ある名シーンの中から33シーンをピックアップ!
その中からあなたのお気に入りシーンに投票しよう!

TOG編

  1. 花畑での再会
  2. ヒューバート・オズウェル
  3. 雨の中での葛藤
  4. リチャードとの再会
  5. パスカル
  6. 進軍前夜
  7. リチャードの異変
  8. マリク・シザーズ
  9. 王位奪還
  10. ラント侵攻
  11. ソフィの記憶
  12. 7年間のすれ違い
  13. アンマルチア族の里の前で
  14. 姉と妹
  15. マリクの決意
  16. カーツの最後
  17. 世界の中心の孤島にて
  18. シャトルの最終調整にて
  19. おかえり、ソフィ
  20. アスベルとソフィの言い争い
  21. ラント領~決戦前夜~
  22. ラムダの真実
  23. リチャード
  24. ラムダと共に

系譜編

  1. 苦悩のソフィ
  2. アスベルの相手
  3. ラムダの目覚め
  4. 人になりたい
  5. ソフィ・ラント
  6. アスベルとラムダ
  7. テロスアステュ~決戦前夜~
  8. 決戦
  9. ソフィとリトルクイーン

 

多  い  わ  !  !

こんなの1つに絞れるわけがないやろがい!ということで、投票できなかったお気に入りシーンを10個ほどこちらで勝手にセレクトしてお送りします。都合上どうあがいてもネタバレしかないので、私と同じくTOG&TOGfが大好きな人にだけ続きを開いてもらいたいです。未プレイの人は是非この機会にやってみてね!!!

 

 

 

 

 

続きを読む